レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

四季折々を感じる 岐阜公園 (1)

岐阜公園
'08/09/19
岐阜城の麓、市民の憩いの広場でもある岐阜公園は、街の中にあって四季折々を感じ取れ、歴史的にも有名なところです。

園内には、歴史博物館・名和昆虫博物館や信長居館跡・三重の塔などあり芸術・歴史の興味のある方も楽しめます。

歴史博物館横の正面入口を入ると、噴水がありそこからの金華山岐阜城のロケーションも素晴らしいです。
そのまま進むと、岐阜公園来園者休憩所があり、その横に板垣退助像があります。
最後の百円札でも知られる板垣退助は、ここで歴史に残る名言を発せられました。
自由党総裁であり岐阜公園内にあった中教院で遊説し、そこから出たところで暴漢に襲われ、倒れ間際に「板垣死すとも自由は死せず」と言ったとされている。

この話を知っている人は多いですが、それがここ岐阜公園だとは知らずそれにそれで死んだと思っている人がいると思います。
傷は浅く死ぬほどの傷ではなかったです、それに残した名言も後から脚色が付いて有名になったもので、実際は「痛いので、医者を呼んでくれ」と高知弁で言った説もあります。
銅像の立っているところは刺された場所でなく、中教院は一番北にある茶店とロープウェイ乗り場に行くスロープの間位に有ったそうです。

そしてそこを北に行くと、若き日の信長の像がありその横に冠木門があります。
その像は北村西望(きたむら せいぼう)が作成した物で、有名な物に長崎の平和公園の平和祈念像があります。
信長向いている方向は、西で京の方向を見ていると言われています。

冠木門は釘を1本も使って無く作られていて、信長の居館が建てられていた頃の雰囲気を出す為に建てられました。
そこを登っていくと居館跡があります、居館はなく居館に通じるであるうとした巨石、石積みが残っているだけで千畳敷下と呼ばれる広場になってます。
そこで信長祭りの騎馬行列の跡、鉄砲隊の演技が行われます。

ここの奥に宣教師ルイスフロイスが「清々しさ・美しさ・豪華さ・清潔さにおいて、この宮殿に並ぶ物は見たことありません」と書き残した、居館の発掘調査が進められてます。
階段跡、火災にあった建物跡などが発見され、発掘調査の所も見学出来ます。(調査日確認のこと)

発掘調査が終わり、居館跡の確認が終われば、ここに信長の居館を再現する構想もあります。

岐阜城に行くには、岐阜駅からだとバスが結構出ています、長良橋方面行きに乗り岐阜公園前で降りて下さい、約20分くらいです。
また、岐阜のまちなかをゆっくり歩いて行くのも良いでしょう、途中、柳ヶ瀬や信長ゆかりのお寺、神社などがあります、1時間ほどで着きます。

岐阜公園に行くと、岐阜市まちなか案内人というボランティアで案内をしてくれる人がいます。
気軽に声をかけてもらえば、スムーズに岐阜公園やその周辺を案内してもらえます、無料です。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る