レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

岐阜の味B級グルメ(1) 「蕎麦」

更科
'08/10/20
のんびりまちなかを歩いていると必ずお腹が空きます、そこで今回はちょっと寄り道を。
岐阜駅を降り、正面の道(金華橋通り)を北にずっと上がると中警察署・市民会館があります、そこの裏手西側にその名店があります。

「冷やしたぬきそば」が有名な 《更科》 です。

岐阜で蕎麦?と思われる方も多いでしょうが、岐阜においでの際ぜひ食してみて下さい、新しい発見が出来ます。
蕎麦が有名ではなく、冷やしたぬきが有名なのです。

冷やした蕎麦に揚げ玉が入ったのが普通ですが、ここのはそれに「あげ」も入ってます。
ここを訪れた方の7・8割は皆冷やしたぬきを注文します、それ位有名です。
昼は行列が出来る位に混み合いますが、回転が速いのでそれほど待った気はしないと思います。

一般にお店では、並・大盛り・徳盛りですが、ここでもそうですが常連のお客さんは、シングル・ダブル・トリプルと言います。
よく聞いていると男性のお客さんの多くは「冷やしたぬき、ダブルで」と言ってました。

私もはじめていったときに「冷やしたぬきダブルで」と注文して、お茶をすすると目の前にさっとで出来ました。
「えっ早っ」とビックリするほど早く出てきました、その間1分もかからないぐらいですかね、回転が速い理由が分かりました。
それだけ多く毎日出るのでしょうね。

丼の中には、そば・揚げ玉・揚げ・ネギがのっていて、わきにはワサビがたっぷりとありました。
そのワサビを溶かしながら、口いっぱいに頬張る「うん、旨い」甘辛いダシと絡み合って夏にはこれが一番ですね。
ネギの香りと揚げ玉のサクサク感がたまりませんね、それとダシがしみこんだお揚げさんがいい。
夏に一番と書きましたが、これは年中あって冬にも結構出るみたいです。

昭和3年創業で戦後にここの場所に移ったそうです、その前は柳ヶ瀬にあったそうですが、戦災で焼けて現在の場所で再開したそうです。
岐阜では老舗の名店です、店内も堅苦しくなく昔ながらの雰囲気を味わえます。

当然のように、冷やしたぬきうどんもあります、そして嬉しいことに御進物用にお取り寄せが出来ます。
お店の情報は、レッツグルメのページでお願いします。

岐阜駅から真っすぐ北へ行くと書きましたが、歩くと30~40分くらいかかります。
バスで行く方が便利です、市民会館前で下車その市民会館の反対側にあります。(バス200円)
写真3枚目の三角区画にお店があります、正面は左です、右行っても裏から入れます。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る