レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

日本三大仏の一つ 岐阜大仏

岐阜大仏
'13/03/13
岐阜公園の南西すぐにあるのが正法寺、そしてその大仏殿にあるのが「岐阜大仏」です。

高さ13.7m、顔の長さ3.6m、耳の長さ2.1mあります。
奈良の大仏より小さく、鎌倉の大仏より大きいです。

岐阜大仏の特徴は、日本最大の乾漆仏である事です、イチョウを真柱として木材で骨格を組み、外部を竹材を編んで仏像の形を形成する。

この竹材の上に粘土をぬり、経典が書かれた美濃和紙を張り付けて漆を施し、金箔施してつくられている。

顔がややうつむき加減になっていて、下から見る人と顔を合わせるようになってます。
日本全国に大仏はありますが、柔和な顔つきで顔を見合わせるのは、他にあまり無いと思います。
胎内には薬師如来像が祭られています。

岐阜大仏は竹で編んで作成されており、別名「籠大仏」と言われてます、岐阜提灯や岐阜和傘など岐阜の文化が関係してると云われています。

相次ぐ大地震や大飢饉に心を痛め、これらの災害で無くなった人々を救う為に、大釈迦如来像の建立をはかる建立には38年の歳月がかかり1832年に完成しています。

日本三大仏とは奈良・鎌倉・京都でしたが京都大仏が焼けて無くなり、その後兵庫大仏でしたが戦中に無くなりました。
日本三大仏の一つと言い切ると、いろいろ論議を交わすところになろうかと思いますが、大仏と言う位ですからまずはサイズですね。

それと、仏像ですから宗教にかかわりある歴史的な背景があること、サイズだけなら今の技術ではいくらでも作成出来ます。
この様な観点から、岐阜大仏を日本三大仏と言っても良いでしょう。

正法寺大仏殿の中にはいると、凛とした空気の中、岐阜大仏が私達を見つめており、じっと佇むと心が和む感じを受けます。
岐阜にお越しの時は、見ておく価値は充分あります。

大仏の周りには、500羅漢像があります、昔、外にありましたが大地震の時多数が壊れてしまい、現在は500はありません。
仏典の編集に集まった500人の弟子を500羅漢と称して尊敬していました。

良く言われるのが、その500の中に自分と似た像が3体ほどあると言うことがあります。
時間があると一つ一つ顔を見ていくのも良いでしょう。

岐阜駅からバスで(片道200円)約20分ぐらいで着きます、岐阜公園バス停より約5分です。
開館時間 9:00~17:00 入館料大人200円子供100円
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る