レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

いつでも気軽に歴史絵巻

岐阜市歴史博物館
'09/01/30
金華山の麓、岐阜公園入口にその「岐阜市歴史博物館」があります。

昭和60年に開館して、現在体験型博物館となり、常設の展示物や特別展で楽しむことが出来ます。

常設展は、岐阜市の歴史が分かる展示物があります。
原始時代から古代・中世に出た土器や石器が並べられてあり、タッチパネルの画面で映像ライブラリーを見たり、大型の画面では岐阜市内の遺跡の場所や説明が分かります。

この博物館の中心的な物は、やはり戦国時代の展示物です。
織田信長公などに関係することが、いろいろ展示されています。
その時代を講談師が分かりやすい口調で説明してくれるビデオを見ることが出来ます。

「楽市立体絵巻」のコーナーは、楽市の原寸大の模型を並べてあり、その時代の雰囲気を感じられます。
その当時の料理も並べてあります、ここの体験コーナーでは当時の玩具で遊ぶことが出来ます。
それと、戦国時代の着物を着ることが出来ます、信長公・濃姫になった気分で写真を撮りましょう。

それから現代まで、岐阜町から岐阜市になって発展していく様子が分かります。

この様な常設展とは別に、特別展が催されます、開催については岐阜市並びに歴史博物館のHPで確認してください。
特別展の時は、入場料が割り増しになりますので注意して下さい。

建物の中ですので季節に関係なく楽しめます、2階の休憩ロビーでは知らない方が多いと思いますが、無料のお茶がありますのでゆっくり休憩してください。

各コーナーに体験コーナーがありますので、子供と楽しんで下さい。
コーナーには、ボランティアの方がみえ、分からないことなど説明してくれます。

岐阜市は落語の祖、安楽庵策伝ゆかりの地でありますので、毎月1回「歴博亭土曜寄席」が開催されています。
出演者は、江戸落語・上方落語などいろんな方がみえます、市のHPには出演者の名前が載っていますので、それを見てから行くのもいいでしょう。
入場料は総合展示観覧料で見られますが、その前に整理券を配りますのでその券が必要になります。

入場料 大人300円 子供150円です。
開館時間は午前9時~午後5時までです、駐車場は岐阜公園駐車場へお願いします。
バスは、岐阜駅より長良橋方面行きで岐阜公園歴史博物館前下車です、料金200円。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る