レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

岐阜の神社(子供)と信長公の足跡

橿森神社
'09/03/30
柳ケ瀬より北に出て若宮通りを東に行きつきあたりに、橿森神社があります。

岐阜市の神社で父となすのが伊奈波神社、母が金神社、そしてその子に当たるのが橿森神社です。
主祭神は市隼雄命(いちはやおのみこと)であります。
この神社は、夫婦和合子供の守り神として昔より信仰されています。

ここの狛犬も面白いです、建立150年も経っているものもあるそうなのですが、なかなか綺麗に残っているみたいです、また別の狛犬のお尻が隠れてます。

水道山の麓にあり、隣接して柏森公園があり水道山へ登るコースの入口でもあります。
社殿背後にある盤石(ばんじゃく)「駒の爪岩」は、大昔神が駒にのってこの地に降りたことから付いたという伝説が残ってます。

そしてここに信長神社というものもあります、京都の別格官幣社建勲神社の御分霊です。
国家安泰・万民安堵や商売繁盛・災難除けの神様として崇拝されています。

信長神社が信長公の足跡ではなく、この橿森神社の前に、御園の榎(岐阜市指定史跡)という物があります。
この榎は、信長公が楽市楽座を開いたときの「市神」としてあったものである。

信長公はこの岐阜より天下布武を称え天下統一を図った、また、領国経営のため商工業者の保護育成策を出しその権利を認めた(楽市楽座)
武力で天下を取るだけでなく、そこで暮らす民たちの経済政策も施行し活性化を図りました。

この榎はその繁栄を代々見据えてきたものである、のち枯れ木となり植え直され、明治に道路改修工事の為移植されて現在は3代目だそうです。

この榎のところは、御鮨街道の一部で長良川より捕れた鮎で作った、鮎鮨を江戸の将軍様に献上するため通った道です。

岐阜城だけでなく、この様に信長公の足跡が岐阜市にはいろいろあります、のんびり訪ねてください。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る