レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

斉藤Vs織田 戦いの後「織田塚」

織田塚
'09/04/15
織田信長公が名を歴史に刻む前の頃の話です。

織田信長公の父織田秀信が、稲葉山城(岐阜城)の斉藤道三公を攻めて、上加納(金華山南東)辺りに陣を構えました。
稲葉山城を降りた道三公率いる斉藤軍は、夜になってから織田軍を囲み奇襲かけた。
不意をつかれた織田軍は、右往左往するだけで惨敗し尾張へ逃げ帰りました。

その戦いで亡くなった兵士の数は、数千とも言われています。
(パンフレット等に記載されている数にばらつきがあります)

その戦死者の中には、犬山城主・織田信康(信長公の叔父)や織田家の重臣が含まれていました。

その戦死者の屍を集め葬り弔ったのが、この織田塚です、初めは物見塚と呼ばれていたそうです。

場所は、徹明町の交差点(長良橋通りと東西通り)より東へ150m位へ行き、南に50m行った東側にあります。
織田塚のあるここは、住宅地内にひっそりとあり、一見見逃してしまうような場所にありますので注意してください。

そして、織田塚と呼ばれるものがもうひとつあります。
ここより南西に200m(直線)位行った、信長公ゆかりの寺、円徳寺にある織田塚改葬地です。

織田塚があった区域内に浄泉坊(現円徳寺)があって、このお寺の移転に伴い織田塚がしだいに荒れていきました。
その後、織田塚をこの寺院の敷地内に転葬し塚上に碑を建てたと、寺には伝わっているそうです。

ここの住職さんは、毎年この戦いの命日に(9月22日)には織田塚の前でお経をあげているそうです。

その他円徳寺には信長公ゆかりのものがあり、現在はこちらに訪れる方が多いと思います。

岐阜市内いろいろ信長公ゆかりの足跡がありますので、のんびり辿ってみてはいかがでしょうか。

写真1:織田塚  写真2:建物に挟まれた所にあります  写真3:円徳寺の織田塚
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る