レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

金華山登山道 「違う角度で岐阜城を」

東坂ハイキングコース
'09/04/26
岐阜市のシンボル金華山に自分の足で登ってみませんか?
の3回目レポートです。

東坂ハイキングコース、岩戸公園側ドライブコースの横より登っていくコースです。

名古屋方面の方が岩戸公園まで車で来て、ここから登山をなさる方が結構みえます。
登山道入口は岩戸公園北詰より少しドライブウェイを入ったところです。

途中までヒメコウホネで有名な達目洞まで行くハイキングコースと同じです、高い木が多くあり森の中を歩く気分が味わえるところです。
朴葉味噌で欠かせない朴の木もあり、季節にはいっぱい落ちています。
この付近にかえる岩がありますので、見落とさないように。

分岐の所から結構尾根沿いに登っていくコースになっていきます。
まだ、なだらかな坂ですが、唐釜ハイキングコースとの分岐を過ぎて登っていくと、コースが分かれていて林内コース(迂回路)・尾根コース(崖危険)と案内板に書かれています。
ほとんどの人が、崖危険と書かれているコースを行きます、それとこの付近にもかえる岩がありますので、見落とさないように。

それは、このコースで一番景色のいいところだからです。
金華山の東側の眺望が良いところですが、また上を見ると、崖があって岐阜城がそそり立つように見えます。
写真などで見る金華山岐阜城とは、また違った感じをうけます。

それにこの崖危険の所は、バードウォッチャーの穴場になっています。
岐阜城の下の崖の辺りに、鳥が巣を作っているらしく、望遠鏡を固定してみている人がいます。

そこを過ぎると、崖はなくなりますが急な坂道が続きます。

ロープウェイ乗り場から岐阜城へ行くところの通路に出てここまでがコースです。
岐阜城へまではもう少し登ります。

道のり約1100mで案内などには約25分と書いてありますが、もっとかかります。
交通の便は、岩戸公園まで岐阜駅よりバスが出ております、約20分くらいで着きます。

金華山は岩の山です、滑りにくい靴でゆっくり登ってください。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る