レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

心頭滅却すれば火自ずから涼し

崇福寺
'09/09/24
「安禅はかならずしも山水をもちいず心頭滅却すれば火自ずから涼し」 この言葉を聞いたことあると思いますが、美濃の国の生まれで快川紹喜(かいせん じょうき)の言葉です。
戦国時代の臨済宗の僧侶で、この崇福寺の職を務めた岐阜にゆかりの僧です。

崇福寺に61歳まで住し、甲斐の武田信玄に招かれ塩山恵林寺に入寺した、その後織田信長公の甲州攻めにより敵対する武将をかくまい、織田信忠の引き渡しを拒否したため焼き討ちにあい一山の僧と共に焼死した。
そのときこの名言を残したとされています。

何の因果か分かりませんが、この崇福寺は織田家の菩提寺となってます、信長公が岐阜に入るとすぐに禁制を出してこの寺を特別に保護しました。
毎年信長祭りの時、この寺で信長公の供養が行われます。

この寺には織田信長公、嫡男信忠親子が明智光秀に本能寺の変で討たれ信長の側室が信長公の首級を岐阜へ持ち帰り葬った父子廟があります。
位牌型の石碑に縦に分けて父子の法名を左右に並べて刻んであります。
墓地値の横には位牌堂というものがあって宝形堂葺屋根木造彩色の小堂に父子の位牌が安置されているそうです。
本堂裏にあります、岐阜市史跡になっています。

本能寺の変を触れましたが、最初に記しました快川紹喜は俗姓は土岐氏で、明智光秀も同じく美濃国の土岐氏出身であります。
そのため同族であり、本能寺の変において明智光秀が織田信長・信忠父子を討ち取った事件に、彼の死が影響したとする見方をする人もいます。

織田信長公は岐阜に来て楽市楽座等の制度を取り入れ善政を敷いた、またポルトガルの宣教師を招いたように外国の文化にも興味を持ちました。
ポルトガルより寄贈された檜時計がこの寺にあります、文字盤は日本に持ち込まれてから取り替えたものだそうです。

その他、信長公筆の書や関連のものがあり展示されています。
また、国重要美術品や聖徳太子ゆかりの仏像などありますが、非公開なものがありますのですべては見られません。

本堂前の天井には、血天井があります。
関ヶ原の戦いの前哨戦に置いて、信長公の孫秀信は西軍に属し東軍の攻めに岐阜城が落城した時戦死した兵の霊を弔うため、城の床板を天井に張ったもので、血痕が付着しています。

織田信長公ゆかりのお寺を訪れてみませんか。
岐阜駅よりバスで約20分、長良川国際会議場前・長良川国際会議場北口下車すぐです。
拝観料大人150円 小人100円です、駐車場もあります。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る