レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

日本歴史街道 加納宿②

中山道加納宿
'09/10/20
中山道加納宿、江戸時代の五街道の一つで本州中部の内陸側を経由する路線の中の53番目の宿場。
加納宿①の続きです、岐阜より御鮨街道を来た中山道の合流点より加納城の方向へ(南)行きます。

清水川を渡った所に高札場跡があります、高礼とは藩が領民に法やお知らせを知らせるために、人通りの多い所に立てた立て札のことです。
ここは岐阜町より加納城へ行く通りで人通りが多かったことが分かります。
宿場には、本陣・脇本陣・問屋場・木戸または番屋と高礼場がセットとなってありました。

少し南に行くと、加納城大手門跡の碑が歩道橋の横にあります。
ここに加納城の大手門が立っていました、三の丸・二の丸・本丸とお城がありましたが今は本丸の城址(国史跡)があるだけで、跡地は学校などになっています。

茶所駅辺りよりここまで、曲がりくねってきましたがこれよりは比較的真っ直ぐです。

大手門跡を西に向かうと、近代関西における西洋建築の父と言われた武田五一氏が設計した旧加納町役場があります。
戦後は進駐軍にも使われてたことがあり歴史的な建物ですが、老朽化が進んで立ち入り禁止となっています。
武田五一氏の設計で岐阜公園に名和昆虫博物館があります、登録有形文化財岐阜県第1号・都市景観重要建築物岐阜市第3号に指定されています。

さらに西に行くと、元和六年(1620年)創業の川魚料理の二文字屋があります、ここも中山道との歴史があるのですね。

国道157号線の手前に、当分本陣跡がありますここは明治天皇が御小休所跡とも書かれています。
国道に歌川広重の浮世絵「加納」の道標があります。

国道を渡ると、本陣跡があります。
中山道最大の行列、幕末のプリンセス和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう)が宿泊された所で和宮の歌碑もあります。
「遠ざかる 都としれば旅衣 一夜の宿も 立うかりけり」
この歌は宮内庁書陵部所蔵の静寛院宮御詠草に収められており和宮の直筆であります。
公武合体策として14代将軍・徳川家茂と降嫁のため、中山道を京より江戸まで行く途中ここに泊まりました。
御輿入れの行列は50kmにも及び、世界でも類をみない大行列だったそうです。
この加納宿だけでなく県内の他の中山道宿にいろいろ皇女和宮のことは残されています。

西問屋場跡、脇本陣跡が続いてありその北側に加納天満宮があります。

JR岐阜駅南口から来る道路を横断して中山道は続きます。
そこの南側に西方寺というお寺があり、そこは川端康成の小説篝火の舞台になりました。
またJR線ちかくに加納宿①で書いたぶたれ坊の妙泉寺があります。

そしてしばらく行くと、秋葉神社があってそこに西番所跡があります、ここが加納宿西の入口です。
東番所から約1200mの所です。

オーキッドパークの南松原町に一里塚の跡があります、一里塚のあったところは道路整備でなくなっていますので、少し南側にあります。
そして西に行くと、河渡宿となります。

道標を頼り歩いてみてはいかがでしょうか。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る