レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

水面をスーイっと

小紅の渡し
'09/12/17
小紅の渡しは、現在も使われている長良川の渡し船です。

川の上の航路ですが、県道の岐阜県道173号文殊茶屋新田線の一部です。

渡しの由来は定かでないそうですがっ史実に登場するのが1692年です。
それ以後、ここの下流に中山道の河渡の渡しがありました、そちらを表街道小紅を裏街道として栄えました。
また、加納藩主だった戸田氏が、本巣郡下の分家(文殊・北方の両戸田家)との連絡のために使ったのと、鏡島弘法への近道として賑わいました。

「小紅」の名前ですが、諸説あって
 1.小紅という女船頭が居た
 2.対岸よりお嫁入りする花嫁が川面に顔を映し紅を直した
 3.この辺りに紅を採る草が生えていた
の様な説がありますが、私としては花嫁が紅を直したと言う説が愛する人のための女心とした情緒があって、それを信じたいです。

また、対岸の農家などから岐阜町の商家へ嫁いでくるとき、花嫁は長良川の川面に顔を映し、紅、白粉をおとし、在所の未練を断ち切って、小さく紅だけを付けて渡ったのが名の由来。
と言うような伝わりがありますが、2と少し似ていますがこちらの方は少し重いですね。

岐阜市長良川には渡し船が12ヶ所在ったとされています、現在橋の架かっているところやその間にありました。
橋などが架かってきてその役目は終わり、現在は小紅の渡しだけとなっています。

乗船は長良川右岸(北)側からは、堤防上に船頭さんが居る小屋がありますのでそこで依頼してください。
左岸(南)側からは、乗船場(川岸)より手を振る・大声で呼ぶなどして対岸に合図して下さい、船頭さんが渡ってきてくれます。
もちろん県道ですので無料です。
日頃乗船客は少ないですが、弘法大師の月命日で鏡島弘法の縁日の日には300人以上の人が利用します。

数分の乗船ですが、天気の良く風の無い日に乗りますと、暖かさの中水面を走る風に当たって気持ちがいいです。
市民の足の一部ですが、最近では観光の一つとして取り上げられることがあります、皆さんも一度乗ってみてはいかがですか。

場所は鏡島大橋と河渡橋の間でです。
営業時間は4月~9月 8:00~17:00、10月~3月 8:00~16:00 です。
上記の由来は、船頭詰め所の看板参考にしています。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る