レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

アレは何?

ロボット水門
'10/07/14
岐阜公園の駐車場に隣接する水路の所を通ると、誰かに見つめられている感じがして「なんだ!」と思う人が居ると思います。
橋の上から水路を見ると、目が合っちゃいます。

鉄人28号の時代の試作品のロボットみたいに見える。

ロボット水門と呼ばれているものです。

正式な名前は、忠節用水分水樋門(ひもん)といいます、忠節用水から放水路への分岐部下流に設けられているスルースゲート式水門です(上下式の水門)。
昭和7年(1932年)に設置されました、高さ9.5m、幅5.7m。

鏡岩から元浜町に至る新しい導水路が忠節用水に直結された際、水量、放水量調節の為に造られたものです。
改修時に頂部に円錐(つの)が加えられ、丸い窓と共にロボットのような風貌のある外見となり、「ロボット水門」と呼ばれ親しまれるようになりました。
現在は当初の役割を終え、岐阜県近代化遺産になっていて文化的に評価されているそうです。

近代化遺産とは、国家や社会の近代化に関連する文化遺産のことです。
日本の文化庁が定義している文化遺産保護制度上の概念の一つ、幕末から第二次世界大戦期までの間に建設され、日本の近代化に貢献した産業・交通・土木に係る建造物のことです。

岐阜公園付近の緑の中にあるロボット、違和感があるようにも思えますが、その愛嬌ある顔が公園の中に溶け込んでいるようにも思えます。

この横に桜の木があって、春にはロボットが桜の木を見て微笑んでいるようにも見えます。

しかし、私にはとぼけた顔に見えます(笑)

場所は、岐阜市にある金華山の麓、岐阜公園堤外駐車場に隣接する水路にあります。
岐阜駅よりバスで約20分、ここなら岐阜公園で下車するより次のバス停長良橋で降りられた方が近いです。
長良橋通りよりも見えます。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る