レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

長良川の宿

中山道河渡宿
'10/10/25
河渡宿は長良川の渡しで栄えた宿場です。
当時、長良川の川幅は約90m(水のあるところ常水位の時)で出水時は270mにもなり、約190mくらいで川止めになったそうです。

しかし、平常水位の時は美濃最大で遊郭などがあった加納宿に旅人は急いだり留まったりして、宿場として余り潤わなかったそうです。

河渡の渡しの上流に、小紅の渡しがあります前にレポートしましたが、現在も残ってます。

渡し場の跡は現在見あたりません、ただ堤防上に祠(ほこら)が一つあって渡し場跡を表しています。

岐阜市内より河渡の渡しから少し行くと、馬頭観音があります。
荷駄役人足が天保13年(1842)にお金を出し合い、道中家内安全、五穀豊穣を祈願し愛染明王を祀るため六間四面のお堂を建立しました。
明治時代の洪水での被害や濃尾大震災での被害などと老朽化したため、昭和59年に建てかえられました。

馬頭観音より南の道が中山道で、現在新しい家並みになっていてその中央辺りに、中山道河渡宿と書いてある碑があります。
その碑の場所は一里塚跡でもあります。

この宿場は脇本陣はありませんでしたが本陣は置かれていました、一里塚跡より東の方らしいですが碑も何もありません。

宿場の概要、本陣1軒・旅籠24軒・家数64軒・人口272人・幕府領1843年宿高1300石。
その他に酒屋、薬屋、豆腐屋、煙草屋などが記録されています。

この場所は東に長良川、北に根尾川南西に糸貫川があり土地が低い位置にあって、洪水などの被害がありました。
特に文化12年6月には未曾有の洪水に見舞われ、このままでは宿も途絶えるのではと思われるほどになったそうです。
その時の代官「松下内匠」が宿中を五尺余り土盛りをして、その上に家屋を改築して、文化15年に工事を完成させ洪水に耐えるようにしました。
この功績に対し村人は、感謝しのちに「松下神社」を建立しました。
しかし、神社も碑も太平洋戦争の戦災に遭い、現在は碑も一部しか残っていません。

周りが田園で小さな集落でありましたが、太平洋戦争の岐阜の空襲により焼けてしまい昔の建物などは残っていません。

いこまい 中山道 河渡宿祭 が10月の終わりに開催されます。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る