レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

日本一の天狗

こびの天狗山
'11/03/03
美濃加茂の小高い山の上に高さ12メートル余りの大天狗がいます。
この大天狗を目当てに観光バスツアーの一行が立ち寄るほど人気のある観光スポットとなっています。

今から約100年ほど前に、教祖の戸田よきが各地の霊山で難行苦行の末、数々の霊験を体得され現在地に荒離教(あらなぎきょう)と称する神派を開いたのがはじまりだそうです。

荒離教は通称天狗山(てんぐさん)と呼ばれ、祭神は主斎神荒薙大神(おおかみ)、御嶽大神、白姫明神、最上稲荷、子育地蔵、観音様をお祀りし、とくに神出鬼没変幻自在な天狗を大神の使いとしているため、境内の各所には数多くの天狗が置かれています。

いわゆる、新宗教だと思います、鳥居があることから神道系であることはわかります。

神殿が位置するこの場所は愛宕山(あたごやま)といい、直下を流れる飛騨川からいきなりそそり立つ断崖絶壁の要害であったため、戦国時代には牛ケ鼻(うしがはな)砦を築き、争乱に備えたとの記録が残っていると書いてありました。
毛利山城ともなってました、加治田城主斎新五郎が出城として築いたとありました、本能寺で戦死した斎藤新吾郎の居城を守った伯父ですので場所としては信長公と関連深い所なのかも知れません。

駐車場について、大天狗がすぐ見えるのでそれがシンボル的にあるのかと思いましたが、それだけでなく天狗があちこちにいます。
神出鬼没の神の使い天狗様ですね。
神殿に向かう鳥居の横やもちろん神殿の中にもいます。

神殿には天狗のお面が数多くあります、これは「祈願成就の返納面と奉納面」で、返納面はお面を受けて帰られ、自宅や事業所(店舗)などにお祀りし、願い事成就のあかつき、お礼詣りの折に返納されたものだそうです。

私が行ったときには気が付かなかったのですが、天狗が使ったとされる一枚歯の下駄があるそうです。
ここではその下駄を履くことができるそうです、ただし万一下駄に不備があっても怪我などの責任は一切負いません、だそうです。
転んだりしてケガをした場合は、天狗に与えられた試練だと思って下さい。

天狗のパワーを貰いに行ってみるのも良いかも知れませんね。
ただし、己自信が天狗にならないように気をつけましょう。

JR高山線古井(こび)駅から徒歩で15分程です。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る