レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

松尾芭蕉門下の一人

獅子庵
'11/07/06
ここは昭和38年9月10日に岐阜県指定史跡になってます。

獅子庵は松尾芭蕉の十哲の一人で美濃派俳諧の始祖各務支考(かがみしこう)の住居で、平屋建ての簡素な建物である。
史跡にはこの他句碑と池が含まれます。
蕉門十哲(しょうもんじってつ)とは、松尾芭蕉の弟子の中で、特に優れた高弟10人を指していいます。

各務支考は寛文5年(1665)山県郡北野村西山組で村瀬家の二男として生まれました。
幼くして母を亡くし、姉の嫁ぎ先に入籍し各務姓となります、その後同村の大智寺へ入り、龍潭禅師の弟子となったが、やがて仏門を離れました。
大智寺はレポートの「樹齢千年大ヒノキが見守る寺」をご覧下さい。

元禄3年(1690)3月26歳の時に近江粟津の無名庵に芭蕉を訪ねて門下となり、以来俳諧を志し芭蕉に従って各地を遊歴しました。
正徳元年(1711)46歳の時郷里に帰りこの庵に住んだ、以後も美濃を中心に俳諧の普及に務め、享保16年(1731)2月7日67歳の生涯を閉じました。

獅子庵の北側には、支考の遺骨を納めた梅花仏と歴代道統の句碑があります。
支考の句碑には次のように刻まれています、「牛叱る声に鴨立つ夕かな」黄山老人。

また、各務支考は桑名の名産、時雨蛤(志ぐれ蛤)の名付け親と言われています。
桑名市史によると、江戸の将軍へ献上されるのが慣例となっていた桑名の煮蛤を「時雨蛤」と命名したのは各務支考とかかれているそうな。
時の俳人佐々部岱山が、今一色の業者から命名を頼まれ師匠の支考に相談したところ「時雨蛤」として名づけたそうです。

芭蕉の奥の細道など有名で全国を廻って俳諧の普及しましたが、支考もそれに負けないくらい各地を廻りました。
九州・中国・四国・北陸など各地を精力的に旅し、句集や俳論などを盛んに出版して、また多くの弟子を育成してます。
現在も俳句サークルなど各地にありますが、その最初は支考が育てた物と言っても良いでしょう。

別号をたくさん持っていて、旅先や作品によって名前を変更しています。
前に上げた句碑の黄山老人もその一つで、他に盤子、野盤子、見龍、東華坊・・・などがあります。

そんな各務支考が住んでいた獅子庵を見に出かけるのもいいではないでしょうか。
大智寺に隣接していますので、大智寺も一緒にご覧下さい。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る