レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

黄色の絨毯

雄日ケ丘公園
'11/10/04
11月長良川右岸の堤防、鵜飼い大橋の上流部を走っていると一際黄葉が目立つところがある。
ぎふ長良川温泉から長良川沿いを車で10分くらい北上したところです。
周りは民家と畑が混在する変哲もない所なんですが、ここだけ異常に目立っている。

イチョウ公園として有名な『雄日ヶ丘公園』です。

古い公園で、施設の作りなどを見ると昭和の時代と言うことが分かりますが、それもノスタルジアがあって良いですね。

公園としては近隣公園として位置づけられています、近隣公園とは主として近隣に居住する者の利用に供することを目的とする公園で面積は概ね2ヘクタールです。
街なかにあるもう少し小さい公園は、街区公園と言います。

雄日ケ丘公園は、昭和44年11月に都市計画決定され、昭和45年4月に開設した近隣公園で、地域住民の方に親しまれ現在に至っています。
また、約140本のイチョウがあり、秋のイチョウ並木の黄葉は有名で、黄葉を楽しむため市外からも多くの方が訪れ、岐阜市の秋の風物詩の一つとなっています。

黄葉時の美しさと、剪定に強いという特性から、街路樹として多く利用されています。
ちょっと前のの国土交通省の調査によれば、街路樹として57万本のイチョウが植えられており、樹種別では最多本数だそうです。
東京の明治神宮外苑や、大阪御堂筋の街路樹などが、銀杏並木として知られているところです。

イチョウ、銀杏とも漢字表記します、ギンナンがなりますので、それを広いに来る人も沢山居ます。
踏みつぶされた後などちょっと臭いですが、それ以上に綺麗な場所です。

イチョウ、和名の由来については、葉の形がアヒルの足に見えて中国語表記鴨脚 (イアチァオ)がナマってついたとする通説があります。
そう言われると、葉っぱを良く見るとアヒルの足に見えますね。

このレポートをアップしたのは10月です、未だ紅葉の時期それも落葉の時期は未だ早いですが、その時期になるとカメラを片手に大勢のお客様がここを訪れます。

ぎっしり色付いたイチョウの葉っぱがヒラヒラと舞い落ち、公園内は黄色のじゅうたんが敷かれたようなります。
その上を小さな子供が歩いたり、子犬が戯れていると被写体としてとても絵になる場所です。

駐車場がありませんのでご注意下さい。

JR岐阜駅又は名鉄岐阜駅から岐阜バス「N33三輪釈迦」行き21分片道200円 「おぶさ口」下車 徒歩15分です。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る