レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

「楽市楽座」発掘調査案内所

岐阜公園
'11/11/21
岐阜公園は織田信長公が居館を構えた地として知られています。
いまからおよそ約440年前、織田信長公は美濃を治めていた斎藤道三公の孫、龍興(たつおき)を追放し、みずからの本拠をこの岐阜の地に移したのでした。
それから2年後の永禄12(1569)年、岐阜を訪れたポルトガルの宣教師ルイス・フロイスは、その記録の中で信長公の館を「宮殿」と称し、華麗な内部の様子を紹介しています。
信長公居館跡の入口部分は発掘調査の結果復元整備され、現在見学することができますが、館の姿や配置など居館の多くの部分はまだ謎のままです。

その発掘調査の案内所が岐阜公園の北側道路(金華山トンネルの道路)から入ったすぐにあります、目印は「楽市楽座」と書かれた看板です。

中には、発掘から出てきた資料や発掘場所の模型などで、現在の状況などが分かります。
重要なものは写真となってます、そのものは歴史博物館などに保管され調べられています。

発掘調査が改めて始まったかというと、1984年 岐阜市制100年記念事業として岐阜公園内に信長公居館を再現する計画が持ち上がりました。
その再現にあたり発掘調査による建物跡などの確認が必要となり、 その伝承地である千畳敷で初めて調査が実施されることになったのです。

1984年11月12日発掘調査が開始され、初めて板状の巨石が出土します、それから約2年半の間調査が進められ、 他に例をみない巨石を並べた大規模な虎口や通路が姿を現しました。
それはフロイスの記述にある 「おどろくべき大きさの裁断されない石の壁」というものでした。

はじめ発掘調査が行われたは、千畳敷と言われている巨石を並べられていた通路は終了していて、現在整備されてます。
この巨石は、居館の入口を象徴するものと思われます。

その上、山になっているところを現在調査中です。
ルイス・フロイスが書いた「宮殿」と言うものを解明しています、四階建ての建物があったと言うことでしたが、その建物も金華山の斜面を利用して造られたと思われることが分かってきました。
庭園と思われる跡など出てきて、それも幾つもあって信長公のおもてなしの場だったのではないかと考えられてます。

岐阜町からは金華山麓にあって四階建ての宮殿に見えたのか知れませんが、平面的に見ると、巨石の出てきた千畳敷から段々にはなっていますが、広いお屋敷だったのでしょう。

発掘現場は柵の外から見学出来ます、調査の報告などの現地で新たなことが分かった時行われます。
しかし、普段は何をしているのかなかなか分かりませんので、発掘調査案内所の資料を確認したり、そこの職員にお尋ね下さい。

まだまだ新たな発見が出てくるかも知れません、楽しみですね。
(岐阜市社会教育課資料を参考にしてます)
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る