レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

駅前のシンボルタワー

岐阜シティ・タワー43 展望室
'12/01/05
岐阜の玄関口、JR岐阜駅を降りて北口を出ると左に一際目立つ高いビルがあります。
地上163メートル43階建ての岐阜シティタワー43、2007年10月13日にグランドオープンしました。

住居系のビルでは中部地区で一番高いビルで、先進的複合ビルとなっています。
商業・住宅・メディア・医療福祉の機能を備えた、ひとつの街がビル内に築き上げられた都市空間です。

中でもこのビルの目玉は、最上階にある展望スペースです。
1階か2階より専用エレベーターに乗ります、後は43階まで一気に行きます、エレベーター内に高さメーターが付いていて現在の高さが表れています。

岐阜市を代表する岐阜城、ビルタワー最上部には屋根を設置して、かつて斎藤道三公が居住し、織田信長公の天下統一の拠点とした場所、その名を全国に知らしめた岐阜城の風格と誇りを継承しているそうです。

43階に付くと東側がよく見られるスペースに出ます、この展望台東と西に二つのスペースがあります。
この階にレストランもありますので、360度全体には行く事が出来ませんが、南北も見られるようにはなってます。

東は真下に岐阜駅が見れます、名古屋方面からの電車も見られ駅広の人の動きが小さく見えます。
西には、西に向かう電車と伊吹山まで一望出来ます。
北側が岐阜市内中心部で、繁華街柳ケ瀬から長良川そして金華山が見られます。
金華山の方が高く、濃尾平野を見下ろすのは岐阜城の方が良いかも知れませんが、ここに上がる方が楽です(笑)
南は名古屋の高層ビルまで見る事が出来ます。

また、昼の景色と夜は違います、宝石をちらばめた感じで夜景はお奨めです。
夜はゆっくりレストランから楽しむ方が良いかも知れませんけど。

岐阜の初日の出というと金華山の頂上岐阜城よりが有名ですが、このシティタワーよりも見る事が出来ます。
金華山と違って自由入山ではないので、人数制限があります、応募で多数の場合には抽選だそうです。
普段は朝早くは入れませんので、太陽が昇ってくるの見られるのは1年で1回ですので結構貴重かも。
2012年の初日の出には、定員120名で募集400名位有ったそうです、倍率高そうですね。

岐阜駅よりペデストリアンデッキですぐです、エレベーター運行時間は10時より23時(入場は22時まで)
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る