レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

小説の中の岐阜

西方寺
'12/05/07
岐阜名産の雨傘と提灯を作る家の多い田舎町の澄願寺には、門がなかった。
道に立ち停って、境内のまばらな立樹越しに奥を窺っていた朝倉が言った。
「みち子がいる、いる、ね、立っているだろう。」
私は朝倉に身を寄せて伸び上がった。

ノーベル文学賞作家川端康成の短編小説「篝火」の冒頭です。

この澄願寺が、岐阜市加納にある西方寺です。
西方寺浄土宗知恩院末、写真で見ていただくと分かりますが、この寺の後方に駅前のシティタワーが見えます。
岐阜駅より南へ徒歩約10分くらいの位置にあります。

ぎふ・いざナビ(携帯で音声ガイドを聞くことが出来ます)では、川端康成がここのお寺を説明しています。

川端康成です。
大正10年(1921)、23歳の私は、東京から岐阜へやって来て西方寺の養女として暮らしていた伊藤初代さんに会うために、友人を伴って二回にわたってこの寺を訪れました。
お寺では住職と碁をうち、昼食をごちそうになりました。
当時の寺は第二次世界大戦の空襲で焼け、現在のこの寺の本堂は昭和30年(1955)に建てられたものです。

と、説明しています。
小説の冒頭の私は、川端康成です、みち子と小説には書かれていますが、説明にあった伊藤初代さんです。
ナビの説明では、会うために岐阜に来たとありますが、結婚を申し込むために来たのです。

東京の学生であった川端康成は友人達と出かけたカフェで、7歳年下の女給伊藤初代と出会う。
翌年その店は閉鎖され、初代は岐阜の西方寺に養女として預けられる、そして康成は岐阜に訪れることとなる。

小説には、西方寺のある加納から柳ケ瀬、写真を撮った現在の市役所前、金華山、宿を取った長良川沿いなどが書かれています。

結婚を申し込んで、「貰っていただければ、私は幸福ですわ」と了承したのですが、破談となり康成の恋は実りませんでした。
岐阜を訪れたその2年後、伊豆の踊子が発表されます、その踊子を初代の面影に重なり合わせたと言う人も居ます。
岐阜での体験が、川端康成の作品に根元的な物を残したことになります。

そんな岐阜の物語の始まりが、この西方寺です。
田舎町の澄願寺(西方寺)は、今は住宅に囲まれた中にあります。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る