レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

恐竜がいるビル

岐阜県博物館
'14/10/15
岐阜県博物館は岐阜県百年公園内にあります。
岐阜県博物館は、飛山濃水(飛騨の山、美濃の水)の中で育まれてきた本県の姿を、自然・人文両分野の諸資料によって紹介する総合博物館となっています。

百年公園北入口から入り、西に向かうと博物館があります。
斜面を登った上にあるビルディングがそこです、斜面が辛い時は無料のモノレールがありますので便利です。

館内は、山の斜面を利用した構造になっており、入り口のマイミュージアム棟は3階建てでそこから本館部分に入ります、本館は3・4階となっています。

常設展として、メインホールには岐阜県で発見された恐竜化石などが出迎えしています。
自然展示室1には、岐阜県の大地のおいたちと自然の人の関わりを紹介しています。
自然展示室2には、岐阜県の植物・動物・岩石など分野別に紹介しています。
郷土学習室は、手で触れられる資料が展示してあり、棚に収蔵された資料や図書も利用できます。

4階に上がり人文展示室1には、先史時代から現代まで岐阜県の歴史を紹介しています。
人文展示室2には、仏像・刀剣・陶器など岐阜県の美術工芸を紹介しています、特別展としても利用します。
特別展示室、企画展などを開催します。

マイミュージアムギャラリーは県民の方々が自ら主催する展示会場となっています。
その他、図書資料室、講堂、研修室などがあります。

楽しく学べる博物館として催し物などを開いています。
わくわく体験、毎週日曜日には、化石クリーニング体験万華鏡作りなど子供から大人まで楽しめる体験を行っています。
展示解説を日替わりメニューで展示物の詳しい解説を行っています。

開館時間は、4月から10月は午前9時から午後4時30分(入館は午後4時)
11月から3月は午前9時30分から午後4時30分(入館は午後4時)
休館日は、月曜日です(月曜日が祝日または振替休日の時はその翌日)と、12月29日から1月3日です。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る