レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

岐阜城を別の角度で

岩戸公園
'14/11/24
岩戸公園は金華山ドライブコース南側からの入り口にあります。

駐車場に車がたくさん止めてあるのに公園内に人が居ない時があります。
ここから金華山登山道、東坂ハイキングコースの入り口が近くそこからの登山者が多いのです。

岩戸公園開設は古く1944年です。
公園内の施設は、芝生広場・野外音楽堂と遊具が数個あります。
古いので野外音楽堂は、現在ただのステージに見えるだけで音楽堂とは思えないです。
この時期園内の木々が色付き、紅葉が綺麗です、また他に桜の木もあって春にはお花見の人も見えます。

芝生広場が広く学校などの遠足や休憩に使われます。
私も小学生の時、写生でここに訪れたのを思い出しました。

そしてここで何が良いと言うと、金華山岐阜城の景観です。
市内中心部からとは違い南に面していて、普段見る岐阜城とは違う絶景ポイントなのです。

公園の東側に人が集まることがあります。
山岳登山の方々です、高さ15メートルくらいの岸壁があるからです。

最近では少なくなったそうですが、大学とか山岳同好会などが練習のために登っています。
詳しくは専門家ではないためよくわかりませんが、スポーツクライミングの対象になる岩場ではないそうです。
しかし、初心者や中級者のロープワークの練習には岩場でとても良い場所だそうです。
街の真ん中に岩場があるところがありませんので、珍しいところなんでしょうね。
もっと凄い所を目指す人は、こういう場所である程度の荷物を背負い、徹底的にロープワークなどの懸垂下降の手順を反復練習すべきであり、もっと困難なクライミングを目指す者にとって重宝な場所である、と書いてあるところがありました。

公園の周辺には、岩場の寺院や神社があり結構面白い場所かもしれません。

JR岐阜駅より岐阜バスで岩戸公園前まで約20分です。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る