レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

街の中の遺跡

炉畑遺跡公園
'16/02/08
各務原市の南部の大手工場や住宅地が混在する場所にこの公園はあります。

炉畑遺跡(ろばたいせき)は、岐阜県各務原市にある各務原台地のほぼ中央に位置する縄文時代中期~晩期の集落遺跡であります。
2006年に現在の遺跡公園として整備され、縄文時代の風景や生活スタイルを体感し遊びながら縄文時代を学べる憩いの広場となっています。
岐阜県指定史跡に指定されています、また出土品が岐阜県指定重要文化財に指定されています。

縄文時代中期から後期の集落遺跡で、発掘調査では10基の竪穴式住居跡と、多くの縄文式土器、石器が発見されました。
縄文時代の風景や生活スタイルを見学できる緑豊かな公園として整備されています。

農地改革の一環として昭和41年に土地改良工事が行われ、工事の際に遺跡が発見されました。
それにより現在までに6回の発掘調査が行なわれて、10基以上の竪穴式住居跡や高床式倉庫の原型の倉庫・石囲炉の遺構が検出されました。
その他多数の縄文式土器、石器などの道具や、棺が見つかりました。
出土した土器の文様や形には、東日本や西日本の影響が見られることから、広域的に交流があったことが分かります。

その後昭和49年に、前のも書きましたが遺跡として岐阜県指定史跡に、出土品が岐阜県指定重要文化財にそれぞれ指定されました。
遺跡としては結構新し目に発見された物になりますね、これも市街地整備の開発からとなります。

平成12年に6基の竪穴式住居が再現されていたが不審火で焼失することになります。
平成の時代ですので、非常に残念です。

平成18年に現在の炉畑遺跡公園として再整備されました。
そして、炉畑遺跡公園の北側に新たな遺跡が発掘され、公園の拡張を予定しているそうです。

掘立柱建物や石囲炉などは、発掘した場所より移して復元しています、遺跡保護のためです。

公園として、縄文の風景展示ゾーン縄文時代の風景が体感できる区域、体験学習ゾーン芝生広場を中心とした縄文人の生活体験区域などがあります。

各務原市ふれあいバス循環休日線「炉畑遺跡公園南口」バス停下車、徒歩約5分。
名古屋鉄道各務原線、二十軒駅下車、徒歩約15分。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る