レッツぎふ HOMEレジャーのんびり岐阜まちなか歩き>のんびり岐阜まちなか歩き詳細
レジャー特集 のんびり岐阜まちなか歩き
※取材時と内容が変更になっている場合がありますので、お出掛けの前に、詳細は電話にてご確認ください。

宮内庁の土地

日子坐命墓
'17/03/29
今回でレポート回数200回となりました。
宮内庁で岐阜との関係で有名なのは、鵜匠ですね正式名は宮内庁式部職鵜匠です。
そして今回の日子坐命墓(ひこいますのみことのはか)です。

日子坐命としてますが、日本書紀では彦坐王、古事記では日子坐王、他文献では彦坐命・彦今簀命とも表記されているそうです。
第9代開化天皇の第三皇子で、第12代景行天皇の曾祖父です。

第10代崇神天皇が兄弟に当たり、その子第11代垂仁天皇であり、その子が第12代景行天皇です。
景行天皇の兄弟に五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)がいます、伊奈波神社の主祭神です。
伊奈波神社から言うと、外曾祖父に当たることになります。
もうこの辺は神話の世界ですね。

日子坐王は崇神天皇の命を受け丹波に向かい玖賀耳御笠(くがみみのみかさ)(陸耳御笠と書かれているのもあり)を討伐した。
陸耳御笠(くがみみのみかさ)聞きなれない名だと思いますが、大昔青葉山から与佐大山(大江山)にたむろしていた土蜘蛛(つちぐも)の名前です。

その後日子坐王は、御子八瓜入日子命(やつりいりひこのおう)が三野(美濃)・本巣国造に命ぜられるのに同行してこの地に来られた。
地域の安定と人々の生活向上に心血を注がれ、住民の信望を集められた。

その後亡くなり、住民はこの地の北山中腹に手厚く葬り崇め奉った。
古来この場所には拝殿があり、伊波乃西神社と称していましたが、明治8年宮内省より御陵墓と認定されたため、現地に遷宮し奉ったのもであります。

現伊波乃西神社の横から山道(階段状)を登っていくとあります。
みだりに域内に立入らぬこと、魚鳥等を取らぬこと、竹木を切らぬこと、と書いてあります。
金華山が昔天領だった時と同じようなところだったのですね。

交通は前回と同じです、岐阜バス岩田バス停下車徒歩約15分位のところにあります。
 
※コメントの閲覧&書込みには無料の会員登録が必要です。会員登録はこちらから
「のんびり岐阜まちなか歩き」 を案内します、チャラヒです。

岐阜のまちをのんびり歩いて楽しんでいただける、観光名所・岐阜のグルメスポットを普通のおじさんの目から案内します。

岐阜は海がないですが、その他は何でもあります。
岐阜に住んでいながら、未だ知らない新しい発見。
岐阜を訪れた方に、有名な所だけでなく、こんな所もありこんなものもある、知らなかった岐阜を発見する。
日本の真ん中にあり歴史を語るにも重要な位置にあります、道三や信長の足跡をたどる戦国の道。
松尾芭蕉・川端康成等に関係する文学の道など、意外な所が発見出来るかも知れません。
岐阜出身の有名著名人の足跡をたどるのも面白いかも知れません。

そんなような お手伝い おもてなし が出来るようなページだったら良いな、と思っています。

まだまだ、素人の案内人ですので知らないことが山とありますので、皆さんが持っている情報も教えて下さい。
岐阜のグルメなどは独断と偏見が入ります、「いや、おかしい」「これとちがうか」など、ありましたら遠慮無しに書き込んで下さい。

この案内を参考にみなさんも、のんびり岐阜のまちを歩いてみませんか。

携帯での書き込みは出来ませんので、携帯より書き込みを行いたい方は、このレポートと連動しているコミュニティ「岐阜まちなか歩き(裏)」が在りますので、そちらよりお願いします。
新着コメント一覧
▲このページの先頭へ戻る